Category : イタリア流、人生を豊かにするコツ

北と南でがらっと違うイタリア人

日本人からするとイタリア人は陽気なイメージがありますが、同じイタリア人でも場所によって性格の特徴は変わるみたいです。

イメージ通り陽気で楽観的な性格をしているのは南部のイタリア人、ちょっと堅めの性格をしているのは北部のイタリア人になります。日本でいうと東京と大阪の気質の違いのような感じです。

南部のイタリア人は楽観的

南部イタリアはアットホームな雰囲気がある地域。田舎町が多く、近所の人との距離が近いです。そして南部には「ファミリー」を大切にする文化があります。血縁だけではなく、親しい友達もファミリーに含まれていることが多いです。南イタリアには古くからマフィアが支配している文化があるため、ファミリー以外の人を受け入れるのに時間がかかる傾向があります。

その影響からか、南イタリアに住む人は身内や仲間内での付き合いを大事にします。初対面の人とは打ち解けにくく、あって間もないうちは冷たく見えるかもしれません。また、電車やバスなどが遅れることが多く、時間にルーズなのも特徴です。ですが現地の人は遅れていても気にしません。

日本人が想像するイタリア人は南部の方で、南下するにしたがって明るくオープンな性格になっていきます。町で綺麗に人を見かけると、南イタリアの人はすかさず褒めます。ただ、下心から褒めているわけではなく、イタリアでは褒めることがマナーになっているようです。

北部のイタリア人は神経質

北イタリアの人たちは、イメージと違い、神経質で心配性の人が多くなっています。ただそれでも、他の国に比べると楽観的で陽気な性格のようです。大柄で、ドイツ人やスイス人に似た雰囲気があります。南に比べ、北イタリアの方が経済状態は良く、ビジネスで来る人や観光客も多いので余所からの人に慣れています。初対面の人にとっては北イタリアの人の方が親切に見えるかもしれません。

そして、北イタリアの人は硬派な人が多くなっています。付き合う人をころころと変えることが少なく、一人の人と長く付き合う人が多いようです。

なんで違うのか

北イタリアは他の国と陸続きで、侵略の危機に遭うこともよくあり、やや閉鎖的な性格になりました。対して南イタリアはそのような機会が少なく、基本的に何とかなると考える楽観的な性格の人が多くなったようです。

南イタリアの人は自殺率が低く、日本の1/3程度になります。経済的には北イタリアより南イタリアの方が貧しいのですが、南イタリアの人たちの方が幸せ度は高いのかもしれません。北に住む人と南に住む人は仲が悪く、お互いに敵意を持っているところがあります。

南北イタリア人の共通点

北イタリアの人も南イタリアに住む人も、家族や友達を大切にします。ほとんど毎週家族で集まってご飯を食べて、友達が困ったときは親身になって助けてあげます。

また、カトリックの総本山であるバチカンがあるイタリアは、北も南も、ほとんど人がカトリック教徒です。厳格に教えをすべて守るわけではありませんが、カトリックの教えから強く影響を受けています。そのため、イタリア人はみんな結婚に慎重になります。

なぜかというと、カトリックでは離婚がご法度とされているため、離婚ができないからです。1970年代までは、法律でも離婚が認められませんでした。現在は合法になりましたが、それでも複雑な手続きを踏む必要があります。複雑な手続きの必要がない事実婚をする人が増え、北の人も南の人も、結婚は子供が欲しくなったときにするものと考えています。

イタリア人に共通するのは、家族や友人や育った文化を大切にしていることです。北イタリアと南イタリアで性格の特徴は変わりますが、他の国の人に比べて明るくて大らかな人が多いのは、このような背景があるからかもしれません。

Recommend