Category : 知っておきたい、イタリアのこと

イタリアの食文化

日本でイタリアンといわれてイメージするものといえばピザやパスタ、トマトにオリーブオイルといったものでしょう。確かにそういったものもイタリアには欠かせないものです。ですが南北に長く多種多様な人種が混在しているイタリアは、地域によって気候も文化も大きく差があるため食文化にも大きな違いがあります。

北部の食文化

イタリア北部の食事は、日本人が一般的にイタリアンと思うものとは少し違い、フランスの影響を強く受けたものが多くなっています。バターや生クリームをふんだんに使った濃厚なものが多いのです。さらに山岳地帯の寒冷地、ということから酪農が盛んにおこなわれており寒さから身を守るための料理も非常に豊富。ジビエ料理や加工肉も代表的ですが乳製品を多く使った煮込み料理も多く、寒さによって奪われる体力を補うため全体的に高脂肪の傾向が強いです。

またイタリアといえば国内全域で親しまれているのがパスタですが、北部では乾燥パスタに適した小麦が育たないこともあり、手打ちの生パスタが主流となりました。手打ちなのでどうしても食感がやわらかく、乾燥パスタのように細くもできないため平打ちに。さらにその平打ち麺によくからむよう、濃厚なソースが考え出されていきました。そのため実際に足を運び、北部ならではの料理に驚く日本人も多いんだそうです。

南部の食文化

北部とは相反するかたちで、南部は一般的な日本人が思い描くザ・イタリアンといったオリーブオイルやトマト、魚介類をふんだんに使った料理が主流です。生クリームやバターといった北部ではよく使われる素材はあまり使われず、素材も魚介類がメインとなるため比較的サッパリとした味わい。また素材のよさを活かし、あまりアレコレ手を加えないということも特徴のひとつでしょう。世界的に見てもイタリアンといえば南部の料理を連想する人が圧倒的に多いようです。これはイタリア南部の人たちがより早く、そして多く海外へ移住し、地元の味を普及させたからといわれています。

そして北部に比べて穀類の消費が多いのも南部の特徴。パスタに関しても好みが違い、乾燥パスタを使ううえ中心部に少しだけ芯が残った状態で仕上げる「アルデンテ」が好まれます。生パスタのもちっとした食感とは対照的で、同じパスタでも全く違った味わいです。この固めのパスタを好む傾向は南に行くほど顕著になるそうですよ。

北部、南部以外の食文化

イタリアの食文化というと大抵は南北でわけられますが、もう少し詳しく見てみると意外と細かく地域差があります。例えば東部ではオーストリアやスロベニアの影響を強く受けた料理が主流です。とくにヴェネツィアではその影響が色濃く、甘酸っぱい料理が多くなっています。ほかにも東部ではオーストリア料理の影響を受けたと思われる、繊細な細工が施されたお菓子やデザートもよく見受けられるようですね。

一方で北アフリカに近い地域ではアラブ系の人々が好む料理が多くなっており、クスクスなども伝統料理として深く根付いています。ほかにも地中海に面している地域ではヨーロッパではまず食べられることがないタコやイカなどを食べる習慣があり、地中海ならではの食文化の特徴のひとつとなっているようです。

しかし最近は交通網の発達や若者の移住などにより、各地域の料理の違いはかなり薄れてきました。そのため北部でも魚介類のトマト煮込みを、南部でクリームソースのパスタを食べることもできるようです。ただそこは自分たちの町の食文化に強いこだわりをもつイタリアの人たち。地方伝統の料理を忠実に守り続けている飲食店も多く存在していますので、イタリアに足を運んだ際には各地方それぞれの違いを楽しんでみるのもおもしろいでしょう。

Recommend