Category : イタリア人の性は解放的?

既婚者の半分は浮気したことがある

イタリアでは不倫する割合が高く、加えて罪悪感をあまり持ちません。周りから責められることも少ない国です。イタリアは日本に比べて、不倫に寛容な国のようです。

イタリアでは不倫が多い

イタリアは、ヨーロッパの中でフランスと並んで浮気する人が多い国です。既婚者の中で浮気したことがある人の割合は、夫が55%、妻が45%となっています。イタリアではバカンスの文化が盛んですが、期間中に夫は家族を送り出して自分は家に残り、不倫することがあります。

カフェやレストランでは、常連客が愛人といても知らないふり。バカンスの間、カフェにいるカップルはみんな愛人同士で、夫婦は1組もいないということもあったようです。イタリアには、「8月の真っただ中、妻よ、私は君を知らないふりをする」なんていう格言まであります。イタリアは日本より浮気に寛容なようです。

どんな人が浮気するか

浮気が多い年代は、40~50代で、年々上がってきています。街によっても浮気する割合に差があり、ミラノ、ローマは特に多い場所です。

60%以上が社内不倫で、昼休みを利用して浮気します。イタリア国内には浮気専門のサイトもあって、それを使っての浮気も多く、登録者は9万人を超えています。このサイトには、妻もしくは夫が帰宅したら、ボタン一つで接続を切れる機能までついています。少数ですが、既婚者でありながら同性と浮気する人もいました。30%の人は特定の人との不倫を繰り返していますが、残り70%が出来心によるものです。本気で浮気をしている人は少ないようです。

罪悪感はない

ミラノのある団体が行った調査では、浮気をした人の76%が、罪悪感がないと答えていました。イタリアは9割がカトリックの国なので、40年前までは離婚も許されなかったほど結婚については厳しい国です。けれどイタリア人は、浮気についてはそれほど重く受け止めていないようです。

また、精神医学誌の「Riza Psicosomatica」が行った調査によると、イタリア人が最も罪悪感を持つのは過食と浪費に対してでした。浮気するより、過食に走る方が罪は重いと考えられているのです。調査に使われた7つの選択肢の中で、浮気に最も罪悪感を持つという人が、一番少ないという結果になりました。しかも、その中で宗教上の規則が罪悪感を引き起こすと答えたのはたった7%であり、カトリックの国と言っても、宗教は浮気に対してほとんど影響力がないことがわかりました。

さらに、日本では浮気が発覚したら周りから白い目で見られるはずですが、イタリアでは世間から間違っていると言われることはなく、逆に羨望の眼差しで見られるようです。

不倫しても離婚しない?

不倫が発覚しても離婚に結びつくとは限らず、離婚の原因の中で不倫が占める割合は40パーセントに留まります。イタリアで不倫は、家庭を壊すものではなく、明るいものではならないと考えられています。好奇心が強いイタリア人は、魅力的な異性に会うと、既婚者でも止められないそうです。ですが多くが平和主義なので、パートナーには徹底的に隠します。

比較的浮気に寛容と言っても、発覚すれば怒る人もたくさんいて、浮気に激怒した妻が夫の留守中に家を売り払ってしまうというニュースもありました。恋愛大国のイタリアだからと言って、不倫はしないほうがいいのかもしれません。

Recommend