Category : 女性からの愛情のサイン

フレグランスを使いこなすイタリア人女性

イタリア人は、女性でもセックスを積極的に楽しもうとする気質を持っています。それだけに、性欲が少なくなってきたことや、かつてほど夫との関係に満足できなくなってきたことに対する悩みは、人一倍深いものがあります。パートナーとのセックスに満足できる自分を取り戻すために、イタリア人女性は、ハーブやエッセンシャルオイルを使う方法を試すことが多いようです。

ベッドへ行く前に香りでリラックス

長く一緒に暮らしている夫婦は、互いにときめきを感じるよりも、安心感をより強く抱くようになってしまいます。そうなると、シチュエーションを多少変えてみたところで、慣れた相手に対しては性欲が高まりにくいという問題が、どうしても起きてしまいます。

イタリアの女性は、普段とは違う刺激を得るために、フレグランスグッズをよく使います。美しい下着で視覚的にパートナーを挑発するのもいいですが、鼻腔を直接くすぐる香りの効果は、また違った本能的な興奮を互いに呼び起こすことが出来るのです。

ヨーロッパは古くからハーブの調合が行われてきた地域だけあって、多くの国で、香りの商品が日常生活の中に積極的に取り入れられています。イタリアのコスメショップや自然派薬局では、それぞれの芳香を生かした製品が目白押しです。セクシーな気分を高めるためのフレグランスグッズは、今も女性に絶大な人気があります。

夫が帰宅する前に、セクシーな香りを家の中で焚いておくのは、イタリアでは夫を誘う妻の常套手段です。官能的なムスクの他、エキゾチックで刺激的なサンダルウッドのキャンドルがこうした時によく使われます。炎で温められた香りが、ゆったりと部屋に広がっていくうちに、自然な性的高ぶりを女性の中に呼び起こすと言われています。

バラの香り効果で2人の気分を高める演出を

ロマンチックな気分にさせてくれる香りの代表といえば、洋の東西を問わず、バラでしょう。ローズウォーターは、イタリア女性が就寝前によく使うコスメですし、彼女たちの性に対する開放的な気質によく合っています。

2人でベッドへ行く前に、リラックス効果のあると言われるローズベースのハーブティーを飲む女性もいます。精神的に安定すると、女性はパートナーへの信頼感が増し、性的な充足感も得やすくなるからです。

バラのエッセンスを垂らした浴槽で一緒に入浴したり、シャワーを浴びながら、互いをじっくりとマッサージしたりするのも、女性のお気に入りです。血行が良くなることで2人とも心身共に高揚感が味わえますし、リラックスした気分でパートナーをベッドへ誘う余裕を男性にも持ってもらえるからでしょう。気分を持続させるために、ベッドのシーツに、エッセンシャルオイルを垂らしておく女性もいます。香りに対する感受性が強い女性ならではの、夫婦生活を充実させるための一工夫なのです。

実際のところ、香りに対する嗜好には個人差もありますし、ハーブ・フレグランスに、過剰な催淫効果までは期待しないほうがいいかも知れません。ですが、パートナーの体の匂いと混じりあった芳香が、ある種の本能的な興奮を呼び起こすことはあり得そうです。

香りの好みは別にしても、家の中にいつもと違う刺激的な香りが満ちていたら、妻からのサインに夫は素早く気づいてあげましょう。それは、かつてのように刺激的な夜を過ごしたいという、パートナーからの求めの合図だと、イタリア人同士のカップルなら知っていることなのです。

Recommend