Category : イタリア流、人生を豊かにするコツ

イタリアの人たちはなんでもみんなで楽しむ

イタリアの人たちはとにかくみんなで何かを一緒に楽しむことが大好きです。人と人との壁があまりなく、初対面の相手にも非常に気さくに接します。そしてどんな場面も一緒に楽しむことが最高、と感じているようです。日本ではあまりなじみのない習慣ですが、きちんと知ると人生を充実させるヒントが隠されているのではないでしょうか。

一緒に楽しみたい、だから話し合うのがイタリア流

イタリアの人たちは男女関係なくとにかく話好きです。街中のあちこちでは四六時中井戸端会議が開かれていますし、ご近所さんともなればかなりプライベートな事情も知り尽くしています。とくに楽しかったことやおもしろかったことがあれば、わざわざお隣さんを訪問してまでも話に行くんだそう。現代の忙しい日本人からすると濃厚すぎる付き合いが、イタリアでは普通となっているのです。

ご近所さんでもそのような雰囲気なので、家族ともなればより話好きは加速します。楽しいことはもちろんですが、悲しいことやイラッときたことまで本当に24時間の行動を全て話すのです。そして少しでも意見に食い違があれば、徹底的に意見をすり合わせようとします。よくも悪くもイタリアの人たちはお互いのことを深く知る、ということにこだわります。そしてより一緒に生活を楽しむため、些細な食い違いも埋めておきたいと思うようです。

ギャンブルでさえ一緒に楽しむ

日本でギャンブルというと競馬、競艇、パチコンコやパチスロなど、割とひとりで楽しむものが多いですね。しかし一緒に楽しむことをモットーとしているイタリアでは、ギャンブルでさえもわきあいあいと楽しみます。イタリアのいちばんポピュラーなギャンブルのひとつがビンゴ。ギャンブルなので18歳未満は施設内に立ち入れませんが、日本のギャンブル場とは違ってわきあいあいとした雰囲気で、夫婦やカップルで訪れる人も多いです。ルールは日本でもお馴染みのビンゴと同じですが自分の数字や当たりの数字は機械でランダムに選ばれたもののため、運の要素が非常に高いギャンブルですね。

そしてまさにイタリアらしいな、と感じさせる部分がビンゴになったとき。数字が全てそろったらすぐに「ビンゴ!」と大きな声で勝利宣言をしなければいけないそうです。そして周囲の人たちが勝者をお祝い、といった雰囲気になるそう。また当たり数字を読み上げている最中でさえ初対面でも隣の人同士で会話をしたり、和やかな雰囲気で進行します。

そのため同じ空間に何十人という人がいるにも関わらず、誰ひとりとして会話をしない日本のパチコンコ店などはイタリア人にとってはまさに未知の空間。どうして隣同士になった人と話をしないの?ととても不思議に思うんだそうですよ。

基本的に日本はひとりの時間、というものを大事にしますよね。家族がいてもたまにはひとりで気晴らしに出かけたい、出かけさせたいと考える人も多いはず。ですがイタリア流はその真逆で、どうせ楽しいことならみんなで分かち合おうという考え方。気晴らしをするほど不満が溜まっているなら話し合いでしっかりと解決、お互いに不満のない状態で一緒に休暇を過ごすのが当たり前になっています。

確かにひとりで過ごす時間、というのは大切です。とくに多くの悩みを抱えている人だと、周囲の意見によって余計に混乱してしまうことも多いでしょう。ですがイタリア流の生活を取り入れるなら、いちばん身近な人とその悩みを共有してみてはいかがでしょうか?日本人がよく思う「迷惑や心配をかけたくない」という概念を一度取り払ってみるとより豊かな生活への道がひらけるかもしれません。

Recommend