Category : イタリア流夫婦円満の秘訣

夫婦ならダブルベッドで就寝を

夫婦円満は生活していくうえでとても大切なことですね。家庭が上手くいっていれば気持ちも充実していきますし、仕事でも結果が出やすくなります。家庭は生活の軸となる部分ですから、できるだけ円満を保っていたいもの。そこで夫婦円満の秘訣となる、イタリア流人夫婦の習慣を紹介します。

イタリア人夫婦はダブルベッドが当たり前

日本では最近、夫婦別寝が推奨されてきています。お互い適度な距離感を保ち、過干渉せずマイペースな生活を送りたい熟年夫婦には最適と言われているようですね。しかしイタリア流を参考にするなら寝室は同じなのはもちろん、ベッドまで同じであることが理想とされています。

イタリアではダブルベッドのことをイタリア語でLetto matrimonialiと呼ぶそうです。matrimonialiを直訳すると、「夫婦の」や「恋人の」という意味。なんとイタリアではダブルベッドは夫婦のベッド、恋人のベッドと呼ばれている、ということなのです。この理由はイタリアでは夫婦が同じベッドで眠ることが当たり前とされているから。日本でいう家族は同じ屋根の下で生活する、ぐらい当たり前のことなんだそうです。もちろんケンカしたときでさえ同じベッドで眠ります。イタリア人いわく、ケンカしたときでも同じベッドで眠ってお互いのぬくもりを感じていれば自然と仲直りしやすくなるんだそう。確かにケンカして離れていると、ひとりで考え込んで怒りを増幅させてしまいがちですよね。無理やりにでも物理的な距離を縮めれば、話し合うきっかけも作りやすいため、仲直りしやすくなりそうです。そう考えると同じベッドで眠る、ということは夫婦円満に大きく関係していると言えるのではないでしょうか。

同じベッドが無理でも、近い距離で就寝を

同じベッドで眠ることが理想とはいっても、寝相が悪かったり眠りが浅かったりでなかなか難しい場合もありますね。また仕事で夫婦別々の時間に就寝することが多く、先に寝ている相手を起こしたくないということもあるでしょう。そんなときはせめて同じ寝室で眠るようにしましょう。ベッドは別々でも、同じ部屋で眠ることをまず意識してみてください。

とくに普段別々の時間に就寝することが多い夫婦の場合、日頃から生活時間帯がすれ違ってしまいコミュニケーションがとれないことも多いはず。それに加えて寝室までわけてしまうと余計すれ違ってしまいます。仕事がある平日は別のベッド、一緒に寝ることができる休日は少々狭いですが同じベッドで、というパターンもアリかもしれません。体の距離、というのは自然と気持ちの距離もあらわすものです。確かに苦手な相手が近くにいると、居心地が悪くなりますよね。ですが逆に体の距離を離しすぎなければ気持ちの距離もそう簡単に離れることはない、とも言えるのではないでしょうか。

最近なんとなく会話が減って、関係が冷めてきた気がするというような夫婦はぜひダブルベッドを購入してみましょう。同じベッドに入って何気ない会話をするよう心がければ、ちょっとしたすれ違いならすぐに修復ができるはずです。実際ダブルベッドを愛用しているイタリア人夫婦は、本当にいつまでも仲睦まじい人たちばかりです。上手にイタリア流を取り入れれば、いつまでも夫婦円満でいられるはずですよ。

Recommend